家庭教師と図書室のアルバイト、月給はどちらが良い?

現代ではたくさんの種類のアルバイトがありますが、その中でもとりわけ取り組みやすい部類に入るといえるものに、家庭教師のアルバイトと図書室でのアルバイトが挙げられます。
もし、これらのアルバイトのうちのどちらかに応募するとしたとき、月給の面ではどちらのアルバイトが優れているのでしょうかと考えてしまいます。
家庭教師の場合は、主に自身の学歴や教える生徒の年齢、指導経験、教員免許の有無、派遣会社の仲介の有無によって報酬が決まりますが、たくさんある事例から相場を導き出すことはできます。
例えば、公立中学校に通う生徒を担当する場合、時給は3、000円前後が相場となっており、2時間の指導を週2回で行うとすれば月給は48、000円前後となり、複数の生徒を担当したり、生徒1人あたりの指導時間を増やすことで10万円を上回る月収を得ることができるでしょう。
一方、図書室でのアルバイトの場合、時給については1、000円前後が相場となっており、家庭教師よりもはるかに安い賃金となります。
しかし、図書室での勤務は最低でも週2日、1日の勤務時間は7~8時間あるため、月給は少なく見積もっても56、000円程度となり、勤務の仕方によっては家庭教師よりも月収が多くなることがあります。
このように、月給の面では図書室で働いたほうが良いと結論付けることができますが、上記はあくまで収入の面だけを比較して述べたものです。
実際には、家庭教師については未経験者にも広く門戸を開けていますが、図書室のアルバイトについては司書の資格を持っていたり、以前に他の図書室や図書館で実務を経験していなければ応募できない求人が多く、働くことができる人は非常に限定されます。この点も考慮にいれると、比較的誰でも始めることができる家庭教師のアルバイトの方が総合的に優れているといえるでしょう。