ツアーで回る素敵な名所【リア充へダイビング】

人気の観光地

温泉の特徴と宿泊施設

長野県に位置する昼神温泉は、昭和48年トンネルの掘削工事中に湧き出た、比較的新しい温泉です。南信州の山懐に抱かれ、阿智川渓流沿いの静かな温泉郷です。温泉の性質は、アルカリ性単純硫黄泉で、美肌の湯として多くの人々に親しまれています。自然豊かな日本の風景が、そこには残されています。宿泊施設は目的に合わせて様々な宿を選定することができます。大浴場でゆったり湯船に浸かるもよし、露天に入り自然を満喫するのも、温泉ならではの楽しみかたです。地元の名物を堪能し、普段口にすることのない珍しい食材と出会えるのも、旅の喜びのひとつです。知らない土地で知らない人に出会い、日常の生活を離れることは、日々の疲れやストレスを取り去ってくれるでしょう。昼神温泉は、そんなところです。

昼神温泉、名所めぐり

春には、国道256号線沿いに数千本の花ももが咲き誇り、4月下旬から5月上旬にかけて見頃を迎えます。いっせいに咲き始める花の見事さは、美しい風景写真の一コマを見る思いです。花桃ももの里として広く知られています。昼神温泉を訪れたなら、ぜひ立ち寄りたいのが朝市です。ところ狭しと並べられた地場産品は、どれも新鮮で自然環境の良好さを感じさせてくれます。安全で安心な品質が売りのようです。なかでもこんにゃくと漬物は、特産品として目を引きました。朝市は6時から8時まで開催されています。初夏を迎える6月には幻想的な蛍の光が、渓流沿いに明滅し、ひととき夢の世界へといざなってくれます。信州を代表する温泉地となった昼神温泉は、宿泊設備も充実し、手つかずの自然が訪れる人を迎えてくれます。